ストーンペーパーのご紹介
本多商事業務案内

パッケージ・紙箱・合紙は静岡の本多商事株式会社へ

〒417-0061
静岡県富士市伝法1715-1

本多商事アクセスマップ
お電話でのお問合せは
0545-52-5560
24時間受付ご相談・お問合せはコチラ
本多商事ブログ

石の紙、ストーンペーパーのご紹介

木を伐採しない。環境のために今できること。

ストーンペーパーは、原料に木材チップやケナフなどを一切使用せず、石から抽出した無機鉱物粉末からつくられたストーン紙です。だから、ストーンペーパー製造時には貴重な森林を伐採する必要がありません。

また、製造時に水を使用しないため、排水がまったく出ず『水質汚染』につながらないのも特長です。

ストーンペーパーは、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オーストラリア、カナダ、中国など40ヵ国以上で特許を取得しています。

環境に優しいストーンペーパーは、従来の"紙"と同様、様々な用途にご利用いただけます。

木を伐採しません。

私たちは貴重な森林資源の保護を推進していきます。

私たちは貴重な森林資源の保護を推進していきます。

今までの製紙技術では、紙を作り出す際に原料となる木材を使用しなければならず、製紙の生産量が増えるにしたがい森林の伐採も増えてしまいます。私たちが住む日本においては、原料の木材をほとんど輸入に頼っています。

今、地球上で10分の間に、おおよそ野球場と同じ広さの森林が伐採され続けています。
最近、CO2の排出量削減が議論されていますが、日本ではなかなか各個人の意識改革が進まず、根本的な改善ができずにいるのが現状です。

ストーンペーパーは原料に木材チップやケナフなどを一切使用しないため、今まで使用していた紙の代替として、ストーンペーパーを使用することで貴重な森林資源が保護できます。

新たな選択肢としてのストーンペーパー。幅広い分野にご使用いただくことで、環境保全の輪は、ますます広がっていきます。
私たちはストーンペーパーの利用を広げることで、貴重な森林資源の保護を推進していきます。

水資源を保護します。

製造時に『排水を排出しない』、『強い酸を使わない』

製造時に『排水を排出しない』、『強い酸を使わない』

従来のパルプを使った製紙に比べ、ストーンペーパーは製造時に水で洗浄するプロセスが一切なく、強い酸やアルカリ、漂白剤も必要としません。
このため製造時の廃水排出の問題もなく、河川や海を汚染することもありません。

地球の水資源保護のため、私たちは最大限の努力をします。

廃棄物も出ません。

クリーンな空気を守るため、私たちは最大限の努力をします。

クリーンな空気を守るため、私たちは最大限の努力をします。

ストーンペーパーの製造には、樹脂と石の粉(炭酸カルシウム)と電力を使うだけで、乾燥、洗浄の製造プロセスが無いため、廃水や排気ガスを排出することもありません。

クリーンな空気を守るため、私たちは最大限の努力をします。

リサイクルが可能です。

循環型社会の実現に向けて、私たちは努力します。

リサイクルが可能です。

従来の紙資源のリサイクルは、回収した古紙に水を加えてかき混ぜ、パルプを再生します。
しかし、回収紙にはインクが付着しているため、インクを除去して洗い流し、漂白してはじめて再利用が可能になります。
リサイクルのプロセスが複雑なうえ、大量の廃水を出すことになります。

その点、ストーンペーパーは簡単に回収でき、廃水を出さず、しかも水資源を節約します。

ストーンペーパーは使用後、プラスチック製品の回収ルートを通じ回収でき、回収したあと粉砕し、押し出し造粒します。この顆粒は、カラー紙の生産原料として添加され、完全にリサイクルされます。

回収したあと粉砕、押し出し造粒し、ポリエチレン (PE) プラスチック加工の優れた添加剤となります。この顆粒を使って、カラープラスチックバッグ、植木鉢、プラスチック缶などを生産することができます。

陽に当たると分解されます。

ストーンペーパーは使用後、ゴミとして処理され焼却炉で焼却できます。
焼却時、製品には多量の石の粉と少量の毒性のない樹脂が含まれていて、この樹脂部分だけが燃焼します。

樹脂が燃焼する際、石の粉は粉状となり、樹脂と空気の接触を促し、樹脂の完全燃焼を速めます。
このため、燃焼中に酸素が不足して燃えにくくなり、黒煙が発生するようなことがありません。
また、無毒の樹脂は燃焼時有害なガスを排出せず、二酸化炭素の排出量も最少で、地球の温暖化を和らげます。

万一、ストーンペーパーを使用後、屋外に捨てたとしても、太陽の光に約6ヵ月さらされると、粉々になった卵の殻のように分解され、主原料であるCaCo3は、大自然に帰っていきますので、環境負荷を低減するメリットがあります。

一般的なバージンパルプ紙と同じくストーンペーパーは、室内での使用においては紫外線にさらさなければ、樹脂がもろくなったり、分解されることはありません。黄変や虫食い等がしにくい特性をもっていますので、安心してご使用下さい。

また、表面加工技術によって、紫外線による分解を防ぐことも可能です。

ストーンペーパーの環境負荷について

一般的なバージンパルプ紙1トンをストーンペーパー1トンに代替すると、下記の図のように天然資源保護に貢献できます。

ストーンペーパーの環境負荷について

上記数値はviastone U.S.A発表の数値より引用しております。

ストーンペーパーの取扱いについて

お問合せ・ご注文

石の紙、ストーンペーパーのご注文・お問合せにつきましては、お電話、もしくはお問合せフォームからお問合せ下さい。

[ お電話でのお問合せ ]
0545-52-5560

お問合せフォーム

製品情報

また、石の紙、ストーンペーパーの仕様などについて詳しくは、こちらの製品情報サイトもご覧下さい。

ストーンペーパー製品情報サイト
http://www.kamatani.jp/stone_paper/

このページの先頭へ